導入事例

困っていたのは「対応スピード」。
今後相談できるパートナーを探していました。

不動産売買仲介会社 B社様

ポータルサイトへのデータコンバートをしていたB社様。「要件は明確で『仲介物件の主要ポータルサイトへのコンバート機能の充実』。以前使っていたシステムでは、あるサイトへの連携が出来ていないことと、こちらから要求することに対してのパッケージとしてのアップデートをしてくれるわけでなく、のらりくらりの反応で、今後も要求したいことが出てくることを考えるとこのまま利用し続けてよいのか?と考えはじめました。武蔵さんは、こちらの要求に真摯に受け止めて頂き欲しい機能を準備してくれたんです」と担当者様。

テーマは「物件登録・更新業務の効率化」。いかに効率的に物件の登録、更新できるか、かつポータルサイトで反響を確保できるか?が課題でした。
その中で、要望頂いたのは「各ポータルサイトの特徴に合わせて、送りたいメイン画像が簡単に変更」できること。
他社システムの場合、「メイン画像固定」か「転送したいポータルサイト分登録が必要」のいずれかが多く、我々も同じでした。「毎回登録するのはめんどくさいよね」と社内で議論しながらアイデアがまとまったのが「メイン画像転送設定画面」。これは、すでに登録された画像を選択しなおすだけなので操作も簡単。「何か出てきたときに、武蔵さんに言えばアイデアを形にしてもらえる」とお言葉を頂きました。

乗り換え時の流れもスムーズでしたのでその手順も載せておきます。

①HOMESマネージャーから物件CSVダウンロード
②武蔵へそのCSVを渡す
③武蔵側でCSV取り込む
④マルチユース側で画像登録
⑤ポータルサイトにコンバート会社変更の連絡
⑥マルチユースから物件コンバート開始

評価
Dr.武蔵の「不動産システム開発のカスタマイズ」事例

マルチユースはあなたの会社の業務改善をサポートします。お気軽にお問い合わせください。