物件入力・システム連動アドバイザーのお悩み解決

2020.11.02

アップデート情報「全店舗顧客検索機能」について

こんにちは
アドバイザーの片岡です。


本日は阪神タイガース記念日です。
1985(昭和60)年の11月2日。プロ野球の阪神タイガースが日本シリーズで西武ライオンズを4勝2敗で破り初の日本一になった。これを記念してタイガースファンが制定。掛布雅之、ランディ・バース、岡田彰布らによる圧倒的な攻撃力を誇ってセリーグを制し、日本シリーズでは池田親興、リチャード・ゲイル、中西清起などの投手陣が奮闘し栄冠を手にした。
<引用:日本記念日協会HPより>
セ・リーグは先日巨人が独走状態で優勝しましたね。
阪神が最後に優勝したのは2005年らしいです。頑張ってほしいですね!
(ちなみに弊社社長は巨人ファンです。私は中日ファンですけどね。。。)

本日はつい先日追加した「全店舗顧客検索機能」についてのご紹介です。
全店舗顧客検索機能

マルチユースシステムでは
「店舗」と「担当者」の情報を付与することで顧客を管理することができます。
「店舗」と「担当者」の情報を付与された顧客は以下のルールのもと管理されている仕組みになっております。

「SV(スーパーバイザー)」
全ての店舗の顧客を閲覧・編集が可能。担当店舗と担当顧客を設定可能。

「管理者権限」
店舗内の全ての顧客を閲覧・編集することが可能。また担当者への振り分けも可能。

「一般権限」
担当者が自分の顧客のみ閲覧・編集が可能。顧客の振り分けも不可。


上記権限の中でSVに関しては全ての顧客を閲覧・編集することができる権限でありながら
それらの行動をする際は全て対象の顧客の所属する店舗にログインしないといけないません。

それらを解消するために今回
全店舗顧客検索機能を実装致しました。

こちらの機能は全店舗の顧客の検索と閲覧が可能となっておりますので
SV権限の人は該当店舗に入らずに顧客検索できるので便利になったと思います。

いかがでしたでしょうか?
全店舗顧客検索機能については今後アップデートをして機能を追加する予定なので
今後のアップデートをご期待ください!

マルチユースはあなたの会社の業務改善をサポートします。お気軽にお問い合わせください。