物件入力・システム連動アドバイザーのお悩み解決

2021.03.08

レインズCSVダウンロード廃止における弊社の取り組みについて【機能紹介】

こんにちは
アドバイザーの片岡です。

本日3月8日は(月)は残薬をへらす日です。
薬の「飲み残し」「飲み忘れ」による残薬をへらすために、薬局総合ポータルサイト「EPARKくすりの窓口」などの運営を行っている株式会社フリービットEPARKヘルスケアが制定。医療費削減につながる残薬をへらすことを、病院、薬局、患者に目指してもらうのが目的。日付は3と8で「残(3)薬(8)」と読む語呂合わせから。
繁忙期+急な体調不良により3週間ぶりの更新となります。(みなさんもお体に気を付けておすごしください・・・)

本日は過去2回にわたりご紹介させていただいた
レインズCSV廃止における弊社の取り込みに関して新たな進展がありましたので
そちらについてご紹介させていただければと思います。

▼過去記事に関してはこちらからご参照ください
PART1
レインズCSVダウンロード廃止における「各社」と「弊社」の取り組みについて

PART2
レインズCSVダウンロード廃止における「各社」と「弊社」の取り組みについて PART2

レインズ画面データCSV化

RPAなどの仕組みを提供しているシステム会社さんがお客様のレインズの物件詳細画面の情報を取得してCSV化する仕組みを開発しており、レインズの画面データをマルチユースに取り込むことが可能になります。

こちらの画面にあるすべての情報をマルチユースに反映致します。
もちろん画像も取得して連携致しますので基本的にメンテナンスの必要はございません。

いかがでしたでしょうか?
現在も開発途中のため設定画面等はまだお見せできないのですが
3月中には開発が完了し、1社プレリリースのような形で使っていただく予定なので皆様には4月上旬にはサービスをご提供できるかと思います!
詳しい日程が決まりましたらまた改めて告知させていただきますので
是非チェックしてください!
 

マルチユースはあなたの会社の業務改善をサポートします。お気軽にお問い合わせください。