物件入力・システム連動アドバイザーのお悩み解決

2021.07.26

Google Analyticsの機能紹介【新規顧客とリピーター】

こんにちは
アドバイザーの片岡です。

本日7月26日(月)はうな次郎の日です。
新潟県新潟市に本社を置き、水産練り製品の製造販売などを手がける一正蒲鉾株式会社が制定。うなぎの蒲焼きをイメージした魚のすり身で作った練り製品の「うなる美味しさうな次郎」をより多くの人に味わってもらうのが目的。日付は7月26日を0726と見立てて「う(0)な(7)次(2)郎(6)」と読む語呂合わせから。夏の土用の丑の日も近く、「うなる美味しさうな次郎」を食べて、精をつけてもらいたいとの願いも込められている。
<日本記念日協会参照>
もうウナギの季節ですね・・・
ちなみになぜ土用の丑の日にウナギを食べるようになったかというと
江戸時代に平賀源内が「夏に売り上げが落ちる」と鰻屋から相談を受け、店先に

「本日丑の日」
土用の丑の日うなぎの日
食すれば夏負けすることなし

という看板を立てたら大繁盛したことで、ほかのウナギ屋もマネするようになったことからウナギを食べるようになったらしいです。

本日はマルチユース関連の記事ではなく
以前にも少しご紹介させていただいたGoogle Analyticsについてご紹介させていただければと思います。

↓前回の記事はこちらから
Google Analyticsとは?

新規顧客とリピーター

Google Analyticsにはページに訪れたユーザーが
新規顧客(New Visitor)かリピーター(Returning Visitor)かを判別することができます。

サンプル画面
Google Analytics内での
新規顧客とリピーターは

新規顧客
過去2年以内にサイトを訪問したことのないユーザーが、サイトを訪問した際にもたらしたセッション数。

リピーター
過去2年以内にサイトを訪問したことのあるユーザーが、レポート期間にサイトを訪問した際にもたらしたセッション数。

になります。
つまり今日初めてサイトを訪れた人が明日またサイトに訪問した場合。
New Visitorが1、Returning Visitor1とカウントされる仕組みとなっています。


リピートの回数や間隔もこちらでわかります。
セッション数「1」と書いてある右にページビュー数と記載されていますよね?
これは初回訪問時にどれだけのページビュー数があったかという表示を表してます。

いかがでしたでしょうか?
ご紹介したページを活用すればリピーター率を増やせるかもしれないですよ!
今後も機会があれば役にたちそうな機能があればご紹介させていただこうと思います。
皆さんも見てみることでホームページの良い改善案が思い浮かぶかもしれないので是非一度みてください!

マルチユースはあなたの会社の業務改善をサポートします。お気軽にお問い合わせください。