物件入力・システム連動アドバイザーのお悩み解決

2021.10.04

マルチユース活用例のご紹介【TOPページスライダー変更機能】

こんにちは
アドバイザーの片岡です。

本日は10月4日(月)徒歩の日です。
日常生活で歩く習慣を取り戻して健康になることを目的に、宮崎県宮崎市の「徒歩を楽しむ会」代表の貞原信義氏が制定。日付は10と4で「徒歩(ト・フォ)」と読む語呂合わせから。
<日本記念日協会参照>
コロナ禍で外で歩く機会も激減してしまいました・・・。
気分転換に外に散歩にいくのも大事ですね。

本日はマルチユースの活用例をご紹介致します。
TOPページスライダ変更機能

不動産に関するページに限らず
ほとんどの方がネットでページを訪問する際に
TOPページから流入することが多いと思われます。

最近の不動産会社さんのページでいうと
TOPページでインパクトを残すため、ファーストビューで物件の画像を大きく掲載する会社さんが増えてきました。

特に自社で取り扱っているおすすめの物件画像を載せることで
物件をアピールすることができるので、販促という意味でも効果がある取り組みかと思います。


ただ難点としては
掲載した物件が売れてしまった場合、都度画像を差し替える必要があることです。
制作会社さんに都度連絡すれば問題はありませんが手間はかかります。

ただご安心ください。
マルチユースのスライダー変更機能と連動すれば制作会社にいちいち連絡しなくても
すぐに差し替え可能です。

上記の画面で画像を差し替えるだけでホームページ上の画像も差し替えることが可能です。
また、コメントも表示することができるので物件名やおすすめポイントや入れることでより
お客様にアピールをすること可能ですよ!

いかがでしたでしょうか!
TOPページに掲載している画像を頻繁に変えたいとお考えの方は
是非ご連絡ください!

マルチユースはあなたの会社の業務改善をサポートします。お気軽にお問い合わせください。